枚方の施設 第4回 『南部生涯学習市民センター』

第4回 『南部生涯学習市民センター』

2006/12/7

<画像をクリックすると大きく表示されます>

南部生涯学習市民センター(愛称ユーカリ)

枚方市のほぼ中央、牧野車塚古墳の隣、関西外大片鉾学舎移転跡を市が買い取り防災公園や火葬場の整備を中心とした「安心と輝きの杜」が作られた。その一角に「枚方市立中央図書館」が平成17年4月に開設された。

南部生涯学習市民センター(愛称ユーカリ)正面入口

  南部生涯学習市民センター(愛称ユーカリ)は香里丘1丁目、 京阪バス桑ケ谷駅すぐ東側にあり、平成15年12月にオープンした新しい施設(3階建て)である。 1階玄関を入ると正面奥に事務所受付け、右側に明るく広いロビーがある。このロビーは誰でも予約なしで利用できるので多くの市民が 読書、会話、囲碁などを楽しんでいた。

早速2階のイベントホールにて、明山所長、施設管理の今木さんから説明を受けた。

 施設の主な内容 
【1 階】 事務室、ロビー、リサイクル工房、講義室、作陶室、録音室など。
【2 階】 イベントホール、料理室、音楽室、フリールーム、スタジオなど。
【3 階】 多目的室、美術室、集会室(LANあり)など。

このセンターの特徴は、太陽光発電システム、雨水の利用(トイレ、植栽等)、リサイクル工房など環境をテーマに取り組んでいることである。また、館内は明るく落ち着いた雰囲気で 利用しやすい。
印象的な設備は、1階の明るく広いロビー、2階の舞台付き照明音響設備の整ったイベントホール、その他清潔に管理使用している陶芸室、完全防音の音楽室とスタジオなど素晴らしい機能であった。

○ 施設の運営
市民の声を反映するため公平性を維持しながら市と市民代表との共同企画で立ち上げられた。運営メンバーは18名で担当し、内15名はボランティアで参画している。毎月1回運営委員会を開き、アンケートにより各行事の評価を行い次に生かしているのも大きな特長といえる。

基本的には、多くの市民の利用を進めあらゆる団体にも門戸を開いている。(規約には一部制限と制約はある)
現在、約350人(1階ロビーの利用を除く)がこの施設を利用している。

 総合印象
全国的に公共機関の財政が厳しく、簡素で効率的な運営が強くもとめられており、当市はその対応にいち早く民間の活力を導入し、行政改革の実現に向かって進展されていることを痛感した。
来年4月より施設利用料が改定されるが、市民のニーズに的確に応えて改革を進める姿勢が継続されれば市民の信頼を獲得し、この施設がさらに盛況で発展されると確信している。
来館した午後1時過ぎは1階ロビーの利用者はまばらであったが見学を終えた5時前には平日で雨天の中にもかかわらず満室の状況であった。

【南部生涯学習市民センターのご案内】

○ 場 所 枚方市香里ヶ丘1丁目1-2

 電 話 050-7102-3143

 開館時間 9時00分~21時00分

 休館日 毎週火曜日

 利用料 別途料金表による。(センターにて)

 駐車場 スペース狭く、バス利用がお勧め。

記事: 田宮、大熊 WP編集:永井

 

0
PAGE TOP