2024年 新春懇親会

2024年1月21日(日)に「ホテル アゴーラ 大阪守口」2F ロイヤルプリンスルームにて「2024年 新春懇親会」を開催いたしました。来賓を含め、82名の皆さまが出席されました。

【第1部】

開会

支部長挨拶:中島支部長

新春演芸大会(相撲甚句・落語2題)

  • 相撲甚句:高大家緑生
  • 落語:紫陽花円公 「源太と兄貴」(笑福亭仁智さんの創作落語)
  • 落語:高大家緑生 「昭和任侠伝」(桂音也さんの創作落語)

【第2部】

来賓挨拶 :番匠映仁枚方市議会議員

乾杯:菅副支部長・懇親会

福引抽選:賞品 特等×5本

中締め:松本正幸さん(10班)

閉会

<各項目の青字部分をクリックすると、各項目に移動します>

【第1部】

・支部長挨拶

年始より能登半島地震、羽田空港での飛行機事故など辛いニュースがありましたが、今年は辰年なので、年初に一番底に沈んだので、今後は、上り調子になり良い年になると思います。今日は楽しんでください。

・新春演芸大会

高大家緑生(こうだいやろくしょう)さんから、相撲甚句が披露され盛り上がりました。そのあと、親子2代のパナソニック家電の愛好家という紫陽花亭円公(あじさいていえんこう)さん、高大家緑生さんのお二人から落語が披露され、楽しい笑いに包まれました。

 

紫陽花亭円公(本名:勇元国治さん)のご紹介
  • 大阪生まれの大阪育ち。結婚を期に枚方に移り住んで45年以上。今や生粋の枚方人。
  • 趣味:落語(自称、落語愛好家)、野菜作り、スポーツ(かっては水泳、今は、腰痛持ちの為、もっぱら水中歩行。元気で長生きするためには「貯金」より「貯筋」が必要と考え、筋肉が痩せていかないように、ジムで軽く筋肉トレーニング)をしています。
  • 経歴:製薬会社(田辺三菱製薬)を定年退職後、大阪府高齢者大学校「笑いと健康づくり科」に入学。桂枝三郎さんから落語を1年間学びました。
高大家緑生(本名:緑繁文さん)のご紹介
  • 相撲甚句を演じるプロの落語家は、東は柳亭市馬さん。西は桂文福さん。素人では高大家緑生さんただ一人。
  • 経歴:JCBの現役時代から、落語・相撲甚句を勉強。当初は、桂枝三郎さんから習い、今は、月亭文都さんに師事。大阪府高齢者大学校「笑いの創造科」で落語を勉強され、寄席文字・似顔絵なども勉強されました。

【第2部】

・来賓挨拶:番匠枚方市議会議員/乾杯:菅副支部長

番匠枚方市議会議員から、「能登半島地震」で犠牲、被災された皆さまへ、お悔やみとお見舞いを申し上げます。本年も、”健康”・”スポーツ”・”テクノロジー”をキーワードに『枚方を笑顔にしたい』という目標に向けて積極的に活動していきます。とあいさつがありました。
その後、菅副支部長の発声で乾杯があり、楽しい懇親会が始まりました。

・福引抽選~中締め

最後のお楽しみは、福引抽選です。西谷支部役員(13班)・芝支部役員(7班)・本山支部役員(1班)の3名での進行です。
まず、黒田啓子さん(11班)より、抽選券のかき混ぜが行われ、年男の矢方純敏さん(11班)が抽選を担当されました。
抽選の結果、馬野芳之さん(1班)・伊藤武彦さん(3班)・岩﨑文夫さん(16班)・平野滋さん(6班)・松本正幸さん(10班)が当選されました。最後はこの1月に喜寿を迎えられた、松本正幸さんの中締めで、閉会となりました。お疲れさまでした。

・懇親会の様子

 

記事がよければ「いいね!マーク」のクリックをお願いします

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP