晩秋の叡山電車を楽しむ

晩秋の叡山電車を楽しむ
2022年11月 7班 坂本 徳行

叡山電鉄路線図

1日乗車券 えぇきっぷ

 紅葉が見頃の晩秋の一日、出町柳から鞍馬、八瀬比叡山口を結ぶ叡山電車を1日乗車券「えぇきっぷ・1200円)」を買って楽しんできました。 思い立ったのは、紅葉見物はもちろんですが、700系「ひえい(出町柳-八瀬比叡山口間)」と、900系「きらら(出町柳-鞍馬間)」という電車に乗ってみたいというのがきっかけです。

八瀬比叡山口駅

「鉄ちゃん」というほどでもないのですが、特に「ひえい」は依然から興味を持っており、ほんとにこんなデザインの電車が走っているのか実際に乗って、確認したく思っていました。
 当日は「ひえい」と「きらら」の時刻表を手に、どの駅で降りて待てば彼らに遭遇できるかを計算し、沿線の多くの駅で乗り降りし、カメラを構えました。

 「ひえい」のデザインは、叡山電車の2つの終着点にある「比叡山」と「鞍馬山」の持つ荘厳で神聖な空気感や深淵な歴史、木漏れ日や静寂な空間から感じる大地の気やパワーなど、「神秘的な雰囲気」や 「時空を超えたダイナミズム」といったイメージを「楕円」というモチーフで大胆に表現しています。また、側面に配されたストライプは比叡山の山霧をイメージしています。・・・【叡山電車HPより引用】とのことです。

鞍馬駅

 また、展望列車「きらら」は、車体表面をできる限りガラスで覆ったことで、車内からのパノラミックな展望を楽しめるようになっています。展望と言うだけあって、車両中央の8席を窓側へ向けて配置してあります。この時期は市原駅から二ノ瀬駅間の「もみじのトンネル」では徐行してくれますので十分紅葉を楽しむことができました。
 少し寒かったのですが、目的の電車もカメラに収めることができ、充実した一日でした。

デト1000形車両(叡山電車HP引用)

 ただ、もう一台見たいと思っていたのが、1974年に製造されたデト1000形車両でしたが、工事用材料運搬用なので、すべての列車が入庫した後の夜間にしか走行せず、出会えませんでしたので、写真を掲載しておきます。

以上

 

写真はクリックで拡大できます。
記事が良いと思われた方は、下記の「いいね!」をクリックしてください。
過去の「あんなこと こんなこと」の記事は、ここからご覧いただけます。

+30

コメント

    • 大熊啓佑
    • 2022年 11月 22日

    それにしても秋に行けば、列車と相乗効果満点です、11月の何時行かれたのですか?
    私も乗って見たいなと言う衝動にかられましたが、コロナ禍でもあり慎重に計画したいと思います。
    列車も素晴らしい、紅葉も素晴らしい。

    +3
      • sakamoto
      • 2022年 11月 22日

      コメントありがとうございます。11月16日に行きました。平日でしたが列車内はかなり混んでいて、座ることはできませんでした。もみじのトンネルはライトアップもされるようです。しかし、寒かったです。

      +1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新情報 情報あれこれ
PAGE TOP