淀川河川敷の春を告げる鳥たち

表題

淀川河川敷の春を告げる鳥たち

(11班)谷口 文孝さん
2022年4月13日

いざ!小鳥たちとの出会いを求めて

 ウグイスは春告鳥とも言われています。
淀川河川敷枚方付近。3月には声はすれども姿が見えなかったウグイスが、4月になり暖かくなって木の上に姿を出してくれて撮れました!
 ウグイスは警戒心が強く、鳴き声で雌に危険を知らせたりするとのことですが、淀川河川敷のウグイスは薮から顔を出してくれました。美しいさえずりが聞こえる薮の付近で私が我慢強く待っていることを察してくれたのか? 実は写真撮られ好きなの!?
 ホオジロ、ツグミも写真撮られ好きのようで姿を出してくれました。♪♪♪ 残念ながら、声はすれども姿は見えず国鳥キジは撮影できませんでした。

淀川の風景

 淀川河川敷には洪水対策のため大木は殆どないですが、鳥たちは小さな木々や蒲(がま)の薮の中に巣をつくり住みかとしています。
 また、淀川河川敷は大坂市内から京都大山崎までの広大で自然豊かな公園で施設も整備され、休日は子どもたちが遊ぶにぎやかな声が聞こえる府民の憩いの場ともなっています。

写真はクリックで拡大できます。
記事がよければ「いいね!マーク」のクリックをお願いします。

その他の「皆様からの自由投稿」記事も ここから ご覧いただけます。

以上

+29

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新情報 情報あれこれ
PAGE TOP